YouTube動画にキャプションをつけてテキストを回り込ませる方法

June 8,2022 11:55 PM
Category:[CSS]
Tag:[YouTube]
Permalink

YouTube動画にキャプションをつけてテキストを回り込ませる方法を紹介します。

1.はじめに

YouTube動画にキャプションをつけてテキストを回り込ませてほしいという依頼を受けました。

ネットで調べてみましたが、HTMLとCSSの設定方法の解説はみつからなかったので、自作してみました。

サンプル(クリックでページにジャンプ)
YouTube動画にキャプションをつけてテキストを回り込ませる

ということで、YouTube動画にキャプションをつけてテキストを回り込ませる方法を紹介します。

2.YouTube動画にキャプションをつけてテキストを回り込ませる

YouTube動画にキャプションをつけてテキストを回り込ませるには次のHTMLとCSSを用意します。

HTML

<figure class="left_youtube">
  <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/AfPryxLJaVk" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
  <figcaption>キャプション</figcaption>
</figure>
<p>この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。こ>の文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この>文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。</p>

CSS

figure.left_youtube {
    float: left;
    position: relative;
    margin: 5px 10px 50px 0;
    padding-bottom: 23%;
    width: 45%;
}
figure.left_youtube iframe {
    position: absolute;
    top: 0;
    left: 0;
    width: 100%;
    height: 100%;
}
figcaption {
    text-align: center;
    position: relative;
    top: 180px;
}

CSSのポイントは下記の通りです。

  • figureの下marginでキャプション分の余白を作る
  • figcaptionのpositionプロパティをrelativeにしてtopで位置を決める
Comments [0] | Trackbacks [0]

PostgreSQLでSQLをファイルから読み込む方法

May 20,2022 11:55 PM
Category:[PostgreSQL]
Tag:[PostgreSQL]
Permalink

PostgreSQLでSQLをファイルから読み込む方法を紹介します。

1.問題点

下記のようなSQLを用意しました。

select * from hoge_20220520;
select * from hoge_20220519;
 :
select * from hoge_20220101;

手で投入するのは時間がかかるため、SQLをファイルに設定して、そのファイルを読み込ませたいのですが、方法が分かりません。

ということで、PostgreSQLでSQLをファイルから読み込む方法を紹介します。

2.PostgreSQLでSQLをファイルから読み込む

PostgreSQLでSQLをファイルから読み込むには、psqlのメタコマンド"\i"または"\include"で実現可能です。

具体的には下記の手順で実施します。

まず、1項のSQLをtest.sqlに設定します。

作成したtest.sqlを、SQLを実行させたいユーザーがアクセス可能なディレクトリに配置します。

たとえばpostgresユーザーでSQLを読み込ませる場合、ファイルを/var/lib/pgsqlに配置します。/rootに配置するとpostgresユーザーでは読み込めないので注意してください。

準備ができたら下記の手順でSQLファイルを読み込ませます(postgresユーザーでの実施手順で示します)。

# su - postgres
$ psql -U <ユーザ名> -d <データベース名>
$ postgres=> \i test.sql

または

$ postgres=> \include test.sql

なお、SQLの経過情報はデフォルトでは表示されません。読み取った行を画面に表示させる場合は、下記のようにECHO変数をallに設定する必要があります。

$ psql -a -U <ユーザ名> -d <データベース名>

または

$ psql --echo-all -U <ユーザ名> -d <データベース名>
Comments [0] | Trackbacks [0]

lessで検索文字列だけを表示する方法

May 16,2022 11:55 PM
Category:[Linux]
Tag:[Linux]
Permalink

lessで検索文字列だけを表示する方法を紹介します。

例えば、大量に表示されるログの中から特定の文字列を含む行だけを確認したい場合に威力を発揮します。

1.はじめに

lessはファイルの内容を表示するコマンドです。

ファイルを開いたあと、スラッシュ+検索文字列で特定の文字列を検索することはできます。

"Failed"で検索した例

が、検索した文字列の行だけを表示する方法が分かりません。

ということで、lessで検索文字列だけを表示する方法を紹介します。

2.lessで検索文字列だけを表示する

lessで検索文字列だけを表示するには、次の手順を実施します。

まず"less ファイル名"でファイルの中身を表示します。

次に、"&"を入力します。一番下に"&/"が表示されます。

検索文字列(ここではFailed)を入力してリターンを押下します。

これで検索文字列にマッチした行のみが表示されます。

3.lessでログを表示しながら指定した文字列以外を検索する

2項の"&"の代わりに"&!"を入力します。一番下に"Non-match &/"が表示されます。

検索したくない文字列を入力してリターンを押下します。

これで文字列にマッチしない行のみ表示します。

4.追加されたデータを表示する

tail -fのように追加されたデータを表示するには、2項または3項の設定を行った後、"Shift+f"を入力します。

5.検索の解除

&または&!の解除は、"&"を入力してリターンします。

4項を実施している場合は、Ctrl-cで追加データ表示を停止して、そのあとに"&"を入力してリターンしてください。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages