LinuxにPostgreSQLをインストールする方法

May 26,2020 11:55 PM
Category:[PostgreSQL]
Tag:[PostgreSQL]
Permalink

LinuxにPostgreSQLをインストールする方法を紹介します。

ここではyumではなく、rpmパッケージを使います。

ネットでいろいろ調べましたが、yumで一発でインストールする方法はないようです。

CentOSのサイトの、

https://buildlogs.centos.org/c7.1708.u.i386/postgresql/20171208163247/9.2.23-3.el7_4.x86_64/

にある、下記の3つのパッケージをダウンロードして、Linuxサーバにアップロードします。

postgresql-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm
postgresql-libs-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm
postgresql-server-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm

今回ダウンロードしたバージョンは9.2.23ですが、お使いのLinuxに合うバージョンを選んでください。

次にrpmコマンドでインストールします。

# rpm -ivh postgresql-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm postgresql-libs-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm postgresql-server-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm
準備しています...              ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
   1:postgresql-libs-9.2.23-3.el7_4   ################################# [ 33%]
   2:postgresql-9.2.23-3.el7_4        ################################# [ 67%]
   3:postgresql-server-9.2.23-3.el7_4 ################################# [100%]

これでインストールされました。

余談ですが、いきなりpsqlコマンドで接続すると下記のエラーに遭遇します。

# psql
psql: サーバに接続できませんでした: そのようなファイルやディレクトリはありません
ローカルにサーバが稼動していますか?
Unixドメインソケット"/var/run/postgresql/.s.PGSQL.5432"で通信を受け付けていますか?

initdbコマンドで初期化します。

# service postgresql initdb
Hint: the preferred way to do this is now "postgresql-setup initdb"
Initializing database ... OK

サービスをスタートします。

# service postgresql start
Redirecting to /bin/systemctl start postgresql.service

サービスをスタートできたか、確認します。

# service postgresql status
Redirecting to /bin/systemctl status postgresql.service
● postgresql.service - PostgreSQL database server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/postgresql.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 木 2020-05-21 10:32:31 JST; 7s ago
  Process: 26454 ExecStart=/usr/bin/pg_ctl start -D ${PGDATA} -s -o -p ${PGPORT} -w -t 300 (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 26448 ExecStartPre=/usr/bin/postgresql-check-db-dir ${PGDATA} (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 26457 (postgres)
   CGroup: /system.slice/postgresql.service
           tq26457 /usr/bin/postgres -D /var/lib/pgsql/data -p 5432
           tq26458 postgres: logger process
           tq26460 postgres: checkpointer process
           tq26461 postgres: writer process
           tq26462 postgres: wal writer process
           tq26463 postgres: autovacuum launcher process
           mq26464 postgres: stats collector process
  
 5月 21 10:32:30 test systemd[1]: Starting PostgreSQL database server...
 5月 21 10:32:31 test systemd[1]: Started PostgreSQL database server.
Comments [0] | Trackbacks [0]

4xCameraMakerを使って一人で多重録音する方法

May 17,2020 11:55 PM
Category:[iPhone]
Tag:[4xCameraMaker, iPhone, Roland]
Permalink

4xCameraMakerを使って一人で多重録音する方法を紹介します。

ここでは2分割した動画をサンプルに説明します。

1.はじめに

Rolandが公開しているiPhoneアプリ「4XCameraMaker」は「4XCamera」より高機能で、

  • 最大4台のiPhoneをシンクロ可能
  • 親機となるiPhoneを使って各iPhoneの映像を同時撮影
  • 各種編集機能

などの特徴があります。

一人で多重録音することも可能らしいですが、ネットで具体的な操作方法が公開されていないので、本エントリーでまとめてみました。

2項で基本操作、3項以降でFAQっぽく説明します。

2.一人で多重録音する

手順をざっと説明しておきます。

  1. 1つめの動画を撮影
  2. 2つめの動画を撮影
  3. 編集画面で2つの動画を選択して配置

同期の取り方などは3項以降で説明します。

では説明です。

初回起動期の説明画面をスキップすると録画画面になるので、赤いボタンをタップして適当な動画を撮影します。

撮影開始すると、1秒おきに画面の枠が赤色になります。これは同期をとるためのガイドのようですが今回は使いません。

撮影を停止します。この動画は「TAKE-1」として保存されます。「TAKE-1」をタップ。

TAKE選択画面が表示されるので「TAKE-2」をタップ。

TAKE2の動画を撮影します。

TAKE-2をタップ

TAKE-1をタップしてTAKE-1の動画に戻ります。

TAKE-1に戻ったので(撮影画面に戻るだけで撮影した動画は表示されない)、左上の編集画面のアイコンをタップ。

「録画した動画で新規編集」をタップ。

編集画面に切り替わります。上半分に選択したTAKEの動画、下半分の画面に各TAKEの動画が表示されます。左上の+マークのアイコンをクリック。

TAKE-2の画面を選択。さきほどの手順ではTAKE-1に一旦切り戻しましたが、TAKE-2のままここでTAKE-1動画を選択してもOKです。

右下の「選択」をクリック。

TAKE-2が下の画面に追加されました。

真ん中左にある編集アイコンをクリック。

日マークのアイコンをクリック。このアイコンは2分割する動画を選択するためのものです。ちなみに左右にスライドするといろいろなアイコンが表示されます。

TAKE-2の「0:00:00」あたりをタップ。「0:00:00」あたりをタップしないとずれた位置で配置されるようです。また、先にタップしたTAKEが分割画面の上に表示されます。追加した編集を削除したい場合はこのアイコンを長押しします。

TAKE-2に日マークがつきます。続いてTAKE-1の「0:00:00」あたりをタップ。

これで2分割する動画が選択されました。TAKE下のアイコンが日アイコンに切り替わります(各時刻で使ったアイコンがこの位置に表示される模様)。動画はiPhoneの動画同様、いつものアルバムに保存されます。

右上の↑のアイコンをクリック。

「動画保存」をタップ。

これで動画として保存されました。

3.各TAKEを撮り直ししたい場合

「TAKE-x」をタップして、TAKE選択画面で取り直したいTAKE番号を選択。

4.TAKEを削除したい場合

TAKE選択画面で削除したいTAKEに移動後、再度TAKE選択画面で同じTAKE名をタップして「テイク-xを消去する」をタップ。

5.TAKEごとの同期をとる

編集画面で上部の同期用アイコンをタップ。

これで下半分の画面で各TAKEをドラッグすれば位置を調整できます。全体をずらいたいときはTAKE以外の背景をドラッグします。

6.その他操作方法を知りたい

?アイコンをタップすれば、各アイコンの説明が表示されます。

Comments [0] | Trackbacks [0]

VirtualBoxのウィンドウリサイズに合わせて仮想マシンをリサイズする方法

May 14,2020 11:55 PM
Category:[VirtualBOX]
Tag:[CentOS, VirtualBOX, Windows]
Permalink

VirtualBoxのウィンドウリサイズに合わせて仮想マシンをリサイズする方法を紹介します。

1.問題点

VirtualBoxのウィンドウリサイズに合わせて仮想マシンをリサイズされません。

これがデフォルトの状態です。

VirtualBoxのウィンドウをリサイズしても仮想マシン側のウィンドウがリサイズされていないことが分かります。

ということで、VirtualBoxのウィンドウリサイズに合わせて仮想マシンをリサイズする方法を紹介します。

2.対処方法

Virtualboxウィンドウのリサイズに応じて、仮想マシン画面のサイズを自動的にリサイズさせるために、Guest AdditionsをゲストOSにインストールする必要があります。

その手順は下記のとおりで、「デバイス」→「Guest Additions CDイメージの挿入」をクリック。

「"VBox_GAs_6.1.4"には自動的に起動することを意図したソフトウェアが含まれています。実行してみますか?」とダイアログが表示されるので「実行する」を選択。

管理者パスワードを要求されるので、入力後「認証する」をクリック。

処理が終わると、「Press Return to close this window...」と表示されるので、[Enter] キーをクリック。

「仮想光ディスク C:\Program Files\Oracle\Virtualbox\VBoxGuestAdditions.isoをマシンxxxに挿入できません。」というエラーが表示される場合は、「「VBoxGuestAdditions.isoをマシンxxxに挿入できません。」の対処」をご覧ください。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages