cronの「tput: No value for $TERM and no -T specified」というエラーの原因と対処

October 21,2020 11:55 PM
Category:[Linux]
Tag:[cron, Linux]
Permalink

cronの「tput: No value for $TERM and no -T specified」というエラーの原因と対処方法を紹介します。

1.問題点

Linuxのcronでtputコマンドを含むbashスクリプトを実行すると、「tput: No value for $TERM and no -T specified」というエラーが発生します。

test.sh

#!/bin/bash
 
export PATH=$PATH:/usr/sbin/
tput cub 1

注:実際は標準入力を伴うカーソル移動スクリプトですが、問題点を明確にするために最小限の記述にしています。

参考:シェルスクリプトで動作するコマンドラインインタフェース>

cronメールの結果

Date: Fri, 16 Oct 2020 17:22:01 +0900 (JST)
Status: RO
 
tput: No value for $TERM and no -T specified

このエラーを解消する方法がわかりません。

ということで、cronの「tput: No value for $TERM and no -T specified」というエラーの原因と対処方法を紹介します。

2.原因

tputは、$TERM変数を調べて現在のターミナルを判別し、正しい制御シーケンスを生成できるようにしています。

cronから実行されているときはターミナルが存在ないため、tputでエラーが発生するようです。

3.対処方法

TERM変数をcronに記載します。

00 * * * * export TERM=xterm; /home/foo/test.sh

cronメールの結果

Date: Fri, 16 Oct 2020 17:36:01 +0900 (JST)
Status: R
 
?[1D

"?[1D"はtputが正常に動作した結果です。

4.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Adobe Premiere Proで「A low-level exception occurred in:Adobeプレイヤー(Player:x)」となる場合の対処

October 17,2020 11:55 PM
Category:[Premiere Pro]
Tag:[Adobe, PremierePro]
Permalink

Adobe Premiere Proで「A low-level exception occurred in:Adobeプレイヤー(Player:x)」となる場合の原因と対処方法

1.問題点

Adobe Premiere Proでテロップを挿入しようと思い、新規タイトルを作成して、タイムラインパネルにドラッグしたところ、「A low-level exception occurred in:Adobeプレイヤー(Player:5)」というエラーが発生しました(キャプチャは「Player:6」ですが発生時は「Player:5」)。

エラーが発生するとテロップ表示もできませんが、再生もできなくなります。

ということで、Adobe Premiere Proで「A low-level exception occurred in:Adobeプレイヤー(Player:x)」となる場合の原因と対処方法を紹介します。

2.原因

原因はAdobe Premiere Pro v14.1のバグのようです。

参考サイト:エラーがでて映像が再生されない

3.対処方法

レンダラーを「Mercuy Playback Engine - ソフトウエア処理」に変更します。以下変更手順です。

「ファイル」→「プロジェクト設定」→「一般」をクリック。

「レンダラー」をクリック。

「Mercuy Playback Engine - ソフトウエア処理」を選択して「OK」をクリック。

これでタイトルを作成して、タイムラインパネルにドラッグしてもエラーが発生しなくなります。

Comments [0] | Trackbacks [0]

ノートン製品の自動延長を停止する方法

October 2,2020 11:55 PM
Category:[Windows]
Tag:[Norton]
Permalink

ノートン製品の自動延長を停止する方法を紹介します。

1.はじめに

ノートンからメールが届いて、そのとき製品が自動延長になっていることを知りました。

ということで、ノートン製品の自動延長を停止する方法を紹介します。

2.ノートン製品の自動延長を停止する

ノートン製品の自動延長を停止するには、「【シマンテックストア】自動延長サービス・課金完了のご案内」というメールを開き、メール本文にある「保険詳細ページ」のリンクをクリック。

(クリックで拡大、以下同様)

開いたページの右上にある「注文情報の確認」をクリック。ページのURLはhttps://www.nortonstore.jp/orderstatus/です。

注文番号とメールアドレスを入力して「次へ」をクリック。

入力する注文番号は、メール本文の「自動延長サービス対象製品」の「自動延長加入時のご注文番号」を設定します(次の画面で「自動延長サービスの申込状況確認・停止手続き」が表示されなければ、もうひとつの注文番号でやり直してみてください」)

「自動延長サービスの申込状況確認・停止手続き」をクリック。

「自動延長」の「停止」をクリック。

「自動延長サービスを停止してもよろしいですか?」というポップアップが表示されるので「はい」をクリック。

停止が選択されたことを確認して、一番下の「停止」をクリック。

自動延長サービスの停止内容確認画面になります。

アンケートを入力して一番下の「停止」をクリック。

ポップアップが表示されるので「停止する」をクリック。

自動延長サービスの停止完了画面が表示されます。これで作業完了です。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages