Windows10でPerlにDBD::MySQLをインストールする方法

November 17,2020 11:55 PM
Category:[Windows]
Tag:[MySQL, Windows10]
Permalink

Windows10でPerlにDBD::MySQLをインストールする方法を紹介します。

1.問題点

Windows10にXAMPPをインストールしました。

XAMPPのMySQL(phpMyAdmin)やCGIはなにごともなく起動できましたが、Movable Typeでmt-check.cgiを確認したところ、DBD::mysqlがインストールされていないことが分かりました。

(クリックで拡大、以下同様)

2.DBD::MySQLをインストールする

ActivePerl 5.24.xをインストールします。これより新しいバージョンは、次に説明するPerl Package Managerが起動しないので注意してください。

2020年4月現在、5.24は下記のURLからダウンロードできます。

https://downloads.activestate.com/ActivePerl/releases/5.24.3.2404/

インストール後、スタートメニューから「ActivePerl 5.24.x」→「Perl Package Manager」をクリック。

左上の「View all packages」をクリック。

Perlにインストールされていない、すべてのパッケージが表示されるので、上部の検索フィールドに「DBD-m」を入力。

DBD-mysqlをクリック。これでパッケージが選択されました。

「Mark for install」のアイコンをクリック。これでインストール対象としてマークされました。

「Run marked actions」のアイコンをクリック。これでインストールが開始します。

確認ダイアログが表示されるので「OK」をクリック。

インストールが開始します。状況は下の「Status」に表示されます。

完了しました。DBD-mysqlの左側のアイコンがグレー(未インストール)からイエロー(インストール済み)に変わりました。

冒頭のmt-check.cgiを確認したところ、DBD::mysqlが無事にインストールされていました。


Comments [0] | Trackbacks [0]

Windows10で「休止状態」を電源オプションに追加する方法

November 8,2020 11:55 PM
Category:[Windows]
Tag:[Windows10]
Permalink

Windows10で「休止状態」を電源オプションに追加する方法を紹介します。

1.はじめに

Windows7までは電源オプションに「休止状態」がありました。

が、Windows10には電源オプションにこの「休止状態」がありません。

スリープを使えばいいと思われるかもしれませんが、スリープではメモリなどに少なからず電流が流れてしまうため、バッテリーが消費されてしまいます。

休止状態にすれば、メモリの内容などはディスクに保存されるので、電源オフと同程度のバッテリー消費に抑えることができます。

ということで、Windows10で「休止状態」を電源オプションに追加する方法を紹介します。

2.「休止状態」を電源オプションに追加する

「休止状態」を電源オプションに追加するには、「スタート」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」をクリック。

「システムとセキュリティ」をクリック。

「電源オプション」の「電源ボタンの動作の変更」をクリック。

「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック。

「休止状態」をチェックして、右下の「変更の保存」をクリックしてウィンドウを閉じます。

(クリックで拡大)

これで電源オプションに休止状態が表示されました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

cronの「tput: No value for $TERM and no -T specified」というエラーの原因と対処

October 21,2020 11:55 PM
Category:[Linux]
Tag:[cron, Linux]
Permalink

cronの「tput: No value for $TERM and no -T specified」というエラーの原因と対処方法を紹介します。

1.問題点

Linuxのcronでtputコマンドを含むbashスクリプトを実行すると、「tput: No value for $TERM and no -T specified」というエラーが発生します。

test.sh

#!/bin/bash
 
export PATH=$PATH:/usr/sbin/
tput cub 1

注:実際は標準入力を伴うカーソル移動スクリプトですが、問題点を明確にするために最小限の記述にしています。

参考:シェルスクリプトで動作するコマンドラインインタフェース>

cronメールの結果

Date: Fri, 16 Oct 2020 17:22:01 +0900 (JST)
Status: RO
 
tput: No value for $TERM and no -T specified

このエラーを解消する方法がわかりません。

ということで、cronの「tput: No value for $TERM and no -T specified」というエラーの原因と対処方法を紹介します。

2.原因

tputは、$TERM変数を調べて現在のターミナルを判別し、正しい制御シーケンスを生成できるようにしています。

cronから実行されているときはターミナルが存在ないため、tputでエラーが発生するようです。

3.対処方法

TERM変数をcronに記載します。

00 * * * * export TERM=xterm; /home/foo/test.sh

cronメールの結果

Date: Fri, 16 Oct 2020 17:36:01 +0900 (JST)
Status: R
 
?[1D

"?[1D"はtputが正常に動作した結果です。

4.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages