bashのif文で正規表現を使用する方法

July 1,2019 11:55 PM
Category:[bash]
Tag:[bash]
Permalink

bashのif文で正規表現を使用する方法を紹介します。

1.問題点

#!/bin/bash
 
foo=abc123efg

変数fooの中から"123"だけを取り出したいのですが、方法が分かりません。

ということで、bashのif文で正規表現を使用する方法を紹介します。

2.if文で正規表現を使用する

if文で正規表現を使用するには次のようにします。

#!/bin/bash
 
foo=abc123efg
 
if [[ ${foo} =~ ^[a-z]+([0-9]+).*$ ]]; then
  echo ${BASH_REMATCH[1]}
fi

実行結果

123

ポイントは下記のとおりです。

  • if文はブラケット(大カッコ)を二重にする
  • 演算子は"=~"
  • 正規表現はクォーテーションで括らない(正規表現で特別扱いの文字がバックスラッシュでエスケープされるため)
  • 後方参照(カッコで囲った部分)は ${BASH_REMATCH[1]} で取得(複数ある場合、[2][3]…で取得)

Perl系の表記方法("\d"や"\w"など)は使えないみたいなので、POSIX表記を利用します。

\w→[:alnum:]
\d→[:digit:]
\s→[:blank:]

詳細は"info -f 'grep' -n 'Character Classes and Bracket Expressions"で確認できます。

if文の中でPOSIX表記を使う場合、さらに"[]"で括る必要があります。

上記のサンプルを一部POSIX表記に直したものが下記です。

#!/bin/bash
 
foo=abc123efg
 
if [[ ${foo} =~ ^[a-z]+([[:digit:]]+).*$ ]]; then
  echo ${BASH_REMATCH[1]}
fi

実行結果

123

3.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Movable Type「Workflowプラグイン」に記事単位のワークフロー機能追加

June 25,2019 12:03 AM
Category:[ワークフロー]
Tag:[MovableType, Plugin, Workflow]
Permalink

当サイトで販売中のMovableType・Workflowプラグインに記事単位のワークフロー機能を追加しました。

1.機能

これまでのWorkflowプラグインは、「ライター(承認つき)」というプラグイン特有の権限を持つユーザのみが作成した記事をワークフロー対象にしてきました。

今回の機能追加で、この権限をもたないユーザが作成した記事でも、記事単位にワークフロー対象にすることが可能になりました。

設定は簡単で、ワークフロー対象にしたいコンテンツデータや記事に表示された「ワークフロー対象にする」をチェックするだけです。

ワークフロー対象にする

これにより、既存の公開済の記事もワークフロー対象にすることができるようになりました。

さらに記事単位のワークフローは、システム管理画面およびサイト管理画面のプラグイン設定で有効・無効をきめ細かに設定できます。

プラグイン設定

それぞれのグレードに順次、機能追加していく予定です。

2.プラグインのダウンロード

Workflowプラグインの詳細については下記のリンクからどうぞ。

Workflowプラグイン
Workflowプラグイン

Comments [0] | Trackbacks [0]

grepで行番号だけを表示する方法

June 19,2019 11:55 PM
Category:[Linux]
Tag:[Linux]
Permalink

grepで行番号だけを表示する方法を紹介します。

1.問題点

下記のtest.txtというファイルがあります。

test.txt

aaa
bbb
ccc
ddd
eee

このファイルをgrepコマンドで"ccc"を検索します。"-n"は行番号を表示するオプションです。

# grep -n ccc text.txt

実行結果

3:ccc

この検索結果に表示された行番号「3」だけを表示させたいのですが、方法がわかりません。

ということで、grepで行番号だけを表示する方法を紹介します。

2.grepで行番号だけを表示する

grepで行番号だけを表示するには、sedと組み合わせます。

# grep -n ccc test.txt | sed -e 's/:.*//g'

実行結果

3

sedでは、行番号以降のコロンから末尾までを削除しています。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages