YAML::Tinyでコロンを利用する方法

January 30,2017 11:57 PM
Category:[Perl]
Tag:[YAML]
Permalink

YAML::Tinyでコロンを利用する方法を紹介します。

1.問題点

次のようなYAMLデータを書いてみました。

test: ok:

下のPerlスクリプトでYAMLデータを読み込んでみました。

#!/usr/bin/perl
 
use strict;
use YAML::Tiny;
 
my $data= YAML::Tiny->new;
$data = YAML::Tiny->read( 'sample1.yaml' ); 
print $data->[0]->{test};

スクリプトを実行したところ、下記のエラーが発生しました。

% ./test.pl
YAML::Tiny found illegal characters in plain scalar: 'OK:' at test.pl line 8

また、キーにコロンを含むパターンも試してみました。

test:: ok

スクリプトは下記です。

#!/usr/bin/perl
 
use strict;
use YAML::Tiny;
 
my $data= YAML::Tiny->new;
$data = YAML::Tiny->read( 'sample1.yaml' ); 
print $data->[0]->{'test:'};

この場合、下記のエラーが発生しました。

% ./test.pl
YAML::Tiny failed to classify line 'test: OK:' at test.pl line 8

こちらは「Tinyは'test: OK:'行の分類に失敗した」というエラーのようです。

おそらく、値やキーに含まれるコロンがこのままのフォーマットでは適正にパースされないようです。

ということで、YAML::Tinyでコロンを利用する方法を紹介します。

2.YAML::Tinyでコロンを利用する

YAML::Tinyでコロンを利用するには、値全体をクォーテーションで括ります。

test2: "ok:"

実行結果は下記のとおりです。

% ./test.pl
ok:

シングルクォーテーションでも大丈夫です。

test2: 'ok:'

値ではなく、キーにコロンが含まれる場合も同様です。

"test:": ok

実行結果は下記のとおりです。

% ./test.pl
ok

3.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

PowerPoint、Word、Excelで吹き出しのツノを小さくする方法

January 26,2017 12:03 AM
Category:[PowerPoint]
Tag:[Excel, Office, PowerPoint, Word]
Permalink

PowerPoint、Word、Excelで吹き出しのツノを小さくする方法を紹介します。

修正前
修正前

修正後
修正後

1.問題点

PowerPoint、Word、Excelで作る吹き出し図形のツノが大きくて不恰好です。

吹き出し図形

が、調整する方法がわかりません。

ということで、PowerPointで吹き出しのツノを小さくする方法を紹介します。

ここではPowerPoint2010を使った手順を説明します。Word/Excelも同じ手順で修正可能です。

なお過去のバージョンでは本記事の操作ができない可能性があります。予めご了承ください。

2.吹き出しのツノを小さくする

吹き出しのツノを小さくするには、吹き出し図形を選択した状態で「書式」タブをクリック。

書式

「図形の編集」→「頂点の編集」を選択。

頂点の編集

図形の何ヶ所かに黒い四角が表示されます。

黒い四角

赤丸で示した黒四角をドラッグして、ツノの幅を調整します。

ツノの幅を調整

さらにツノの頂点の黒四角をドラッグして、ツノの長さも短くします。

ツノの長さ

これで冒頭の画像のようにツノが小さくなりました。

吹き出し図形

Comments [0] | Trackbacks [0]

TeraTerm+vimのペーストでインデントがずれる場合の対処

January 25,2017 12:33 AM
Category:[Windows]
Tag:[TeraTerm]
Permalink

TeraTerm+vimのペーストでインデントがずれる場合の対処方法を紹介します。

1.問題点

TeraTerm上でvimを起動し、下記のコードをペーストします。

#include <stdio.h>
 
void hello_world2(void) {
    printf( "Hello World2!\n" );
}
 
// test
void hello_world1(void) {
    printf( "Hello World1!\n" );
    hello_world2();
}
 
int main(void) {
    hello_world1();
    return 0;
}

iキーを押下して挿入モードにします。

(クリックで拡大、以下同様)

この状態でマウスを右クリックしてペースト。

が、下のようにコメントアウトされた行以降のインデントがずれてしまい、なぜかコメントアウトまでされてしまいます。

ということで、TeraTermのペーストでインデントがずれる場合の対処方法を紹介します。

2.ペーストでインデントがずれる場合の対処

ペースト前にコマンドモードにして下記のコマンドを入力。

:set paste

これでiキーを押下して挿入モードにします。左下に「(貼り付け)」の文字が表示されます。

きれいにペーストできました。

3.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages