Excelで今日の日付の列に色をつける方法

February 3,2020 11:55 PM
Category:[Excel]
Tag:[Excel, Office]
Permalink

Excelで今日の日付の列に色をつける方法を紹介します。

1.はじめに

下の図のようなスケジュール表を作りました。

(クリックで拡大)
スケジュール表

この表で、今日の日付の列の色を変えたいのですが、方法が分かりません。

ということで、Excelで今日の日付の列に色をつける方法を紹介します。

なお、A1セルの「2020年」はセルの形式をユーザー定義で「@"年"」、B1セルの「2月」はユーザー定義で「@"月"」にしているので、セルに設定されている実際の値は「2020」「2」です。

サンプルを作って動かしてみたい場合は、これらのセルに数値を入力してください。

また、日付の1~29は数値で設定しています。

参考までに、今日の日付の「行」に色をつける方法は「Excelで今日の日付に色をつける方法」で紹介しています。

2.今日の日付の列に色をつける

今日の日付の列に色をつける手順を説明します。

色を付けたい部分を選択状態にします。

(クリックで拡大)
色を付けたい部分を選択状態

「ホーム」タブ→「条件付き書式」→「新しいルール」をクリック。

新しいルール

「数式を使用して、書式設定するセルを選択」をクリック。

(クリックで拡大)
数式を使用して、書式設定するセルを選択

「次の数式を満たす場合に値を書式設定」のテキストフィールドに下記の内容を設定(内容は後で解説)。

=(DATEVALUE($A$1&"/"&$B$1&"/"&B$2)=TODAY())

次の数式を満たす場合に値を書式設定

右下の「書式」をクリック。

書式

変えたい色を選択して「OK」をクリック。ここでは緑を選択します。

(クリックで拡大)
変えたい色を選択

前の画面の「プレビュー」に選択した色が表示されたことを確認して「OK」をクリック。

プレビュー

これで今日の日付(2月3日)の列の色が変わります。

スケジュール表

3.解説

わかりやすくするため冒頭の表は一旦置いておき、次の簡素な表で仕組みを説明します。

スケジュール表

B1~F1セルの形式は「日付」です。

この表の場合、「次の数式を満たす場合に値を書式設定」のテキストフィールドに設定する数式は、

=(B$1=TODAY())

になります。

カッコ内の左辺は日付の開始セルを指定します。"$"は直後の値"1"を固定することを意味するので、

B1
C1
D1
E1
F1

の5つのセルが対象になります。

TODAY()は今日の日付を表示する関数です。

つまりこの式を設定することで、「B1~F1のセルの値が今日の日付と等しいこと」が色を変える条件になります。

仕組みがなんとなくお分かりになったと思うので、冒頭のサンプルの説明に戻ります。

(クリックで拡大)
スケジュール表

冒頭のサンプルは、さきほど紹介した簡素なサンプルとほぼ同じ条件を設定しています。

ただ、冒頭のサンプルは年月日がそれぞれ異なるセルに設定されているため、「年」「月」「日」の文字列を、それぞれのセルから取得して結合する処理が追加されています。

それが、

=(DATEVALUE($A$1&"/"&$B$1&"/"&B$2)=TODAY())

の左辺、

DATEVALUE($A$1&"/"&$B$1&"/"&B$2)

のカッコ内にある、

$A$1&"/"&$B$1&"/"&B$2

になります。

"&"は文字列結合の記号です。

この「年」「月」「日」文字列結合でのポイントは、セルの固定が必要な個所にすべて"$"を付与しています。

"$"がついていないのは、日付を表すセルの"B"だけで(赤色部分)、この部分が可変になります。

$A$1&"/"&$B$1&"/"&B$2

そして、"B"の直後の数字"2"は固定なので、これでB2~AD2のセルが対象になります。

DATEVALUE()は、文字列を日付に変換する関数です。

残りのTODAYなどは簡素なサンプルと同じです。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Office(Woprd/Excel/PowerPoint)の貼り付けで「貼り付けオプション」を表示させない方法

February 2,2020 11:55 PM
Category:[office]
Tag:[Office]
Permalink

Office(Woprd/Excel/PowerPoint)の貼り付けで「貼り付けオプション」を表示させない方法を紹介します。

1.はじめに

Wordで適当な文字を入力します。

入力した文字を選択してコピーします。

ペーストすると、赤枠で囲んだ「貼り付けオプション」が表示されます。

この貼り付けオプションは貼り付け時に形式を選択するためのものですが、貼り付ける位置によっては他のテキストに被ってしまい、邪魔になるときがあります。

この「貼り付けオプション」を表示しないようにしたいのですが、方法が分かりません。

ということで、Office(Woprd/Excel/PowerPoint)の貼り付けで「貼り付けオプション」を表示させない方法を紹介します。

2.「貼り付けオプション」を表示させないようにする(方法1)

表示された「貼り付けオプション」を消すには、Escキーを押下します。

3.「貼り付けオプション」を表示させないようにする(方法2)

「貼り付けオプション」を常に表示させないようにするには、「ファイル」→「オプション」でオプション画面を表示し、「詳細」タブをクリックして、「コンテンツを貼り付けるときに[貼り付けオプション]ボタンを表示する」のチェックを外して、「OK」をクリック。

(クリックで拡大)

これで貼り付けたときに「貼り付けオプション」が表示されなくなります。

Comments [0] | Trackbacks [0]

PHPをビルドしてApacheと連携させる方法

January 14,2020 11:55 PM
Category:[Apache]
Tag:[Apache, php]
Permalink

PHPをビルドしてApacheと連携させる方法を紹介します。

1.はじめに

ブラウザからPHPファイルを読み込ませたいため、Linux(CentOS)のApache2.4にPHP5.xを組み込んでみました(Apacheはインストール済)。

# yum install php

インストール後、httpd.confに下記の2行を追記。

LoadModule php5_module /usr/lib64/httpd/modules/libphp5.so
 :
AddType application/x-httpd-php .php

が、Apacheを再起動したところ、下記のエラーが発生しました。

# cd /usr/local/apache2/bin
# ./apachectl restart
httpd: Syntax error on line 150 of /usr/local/apache2/conf/httpd.conf: Cannot load /usr/lib64/httpd/modules/libphp5.so into server: /usr/lib64/httpd/modules/libphp5.so: undefined symbol: unixd_config

追加したLoadModuleディレクティブでひっかかっているようです。

ネットで調べたところ、yumでインストールしたApache2.4とPHP5ではうまく連携できないようです。

Apache2.2に戻せば連携できるようですが、PHPをソースからビルドすれば連携させられることがわかったので、その方法で実施しました。

2.PHPをビルドしてApacheと連携させる

連携させるための仕組みをもう少し説明すると、PHPを手動でインストールする際、Apacheと連携させるためのモジュールlibphp5.soを、Apache2.4にバンドルされているapxsというものを利用して生成します。

yumでインストールしたPHPに含まれていたlibphp5.soは、Apache2.2対応のものだったのかもしれません。

yumでインストールしたPHPを削除

# yum remove php

yumでlibxml2とlibxml2-develをインストール。

# yum install -y libxml2 libxml2-devel

PHP5.x系の最終バージョンをダウンロード

wget http://jp2.php.net/get/php-5.6.40.tar.gz/from/this/mirror -O php-5.6.40.tar.gz

スタンドアローン環境の場合は、https://www.php.net/releases/からphp-5.6.40.tar.gzをダウンロードして、Linuxマシンに転送します。

tar.gzを展開します。

# tar xzf php-5.6.40.tar.gz

展開したディレクトリに移動。

# cd php-5.6.40

Apacheと連携させるためのlibphp5.soを作るために、./configure実行時にapxsを指定します。

# ./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs

これでhttpd.confに

LoadModule php5_module modules/libphp5.so

がビルド時に自動的に設定されます。

後は通常通りのビルドを実施します。

# make
# make test
# make install

ビルド後はApacheを再起動します。

# cd /usr/local/apache2/bin
# ./apachctl restart

/usr/local/apache2/htdocs配下に

<?php phpinfo(); ?>

の内容をindex.phpで作成し、ブラウザでアクセスしてPHPの情報が表示されればOKです。

3.参考

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages