gcc/g++でリンカスクリプトを調べる方法

April 5,2017 12:03 AM
Category:[C/C++]
Tag:[C/C++]
Permalink

gcc/g++でリンカスクリプトを調べる方法を紹介します。

1.問題点

下記のサンプルコードを作りました。

sample.cpp

#include <stdio.h>
 
void hello_world2(void) {
    printf( "Hello World2!\n" );                                                                                                                              }
 
void hello_world1(void) {
    printf( "Hello World1!\n" );
    hello_world2();
}
 
int main(void) {
    hello_world1();
    return 0;
}

このコードをビルドするときに実行されるリンカスクリプト(プログラムやデータをどのアドレスに配置するかを決めるためのスクリプト)を調べたいのですが、調べる方法が分かりません。

ということで、リンカスクリプトを調べる方法を紹介します。

2.リンカスクリプトを調べる

リンカスクリプトを調べるには、ビルド時にオプション"-Wl,--verbose"を付与します。

% g++ -Wl,--verbose sample.cpp

"-Wl,option"でオプションoptionをリンカに渡します。

optionがカンマを含む場合、複数のオプションとして分割されます。

リンカオプション"--verbose"は、ld のバージョン番号を表示し、サポートされているエミュレーションをリストします。

コマンド実行結果が下記で、"========"で括られた部分がリンカスクリプトになります。

% g++ -Wl,--verbose sample.cpp
GNU ld version 2.23.52.0.1-55.el7 20130226
  サポートされているエミュレーション:
   elf_x86_64
   elf32_x86_64
   elf_i386
   i386linux
   elf_l1om
   elf_k1om
内部リンカスクリプトを使用しています:
==================================================
/* Script for -z combreloc: combine and sort reloc sections */
OUTPUT_FORMAT("elf64-x86-64", "elf64-x86-64",
              "elf64-x86-64")
OUTPUT_ARCH(i386:x86-64)
ENTRY(_start)
SEARCH_DIR("/usr/x86_64-redhat-linux/lib64"); SEARCH_DIR("/usr/local/lib64"); SEARCH_DIR("/lib64"); SEARCH_DIR("/usr/lib64"); SEARCH_DIR("/usr/x86_64-redhat-linux/lib"); SEARCH_DIR("/usr/lib64"); SEARCH_DIR("/usr/local/lib"); SEARCH_DIR("/lib"); SEARCH_DIR("/usr/lib");
SECTIONS
{
  /* Read-only sections, merged into text segment: */
  PROVIDE (__executable_start = SEGMENT_START("text-segment", 0x400000)); . = SEGMENT_START("text-segment", 0x400000) + SIZEOF_HEADERS;
  .interp         : { *(.interp) }
  .note.gnu.build-id : { *(.note.gnu.build-id) }
  .hash           : { *(.hash) }
  .gnu.hash       : { *(.gnu.hash) }
  .dynsym         : { *(.dynsym) }
  .dynstr         : { *(.dynstr) }
  .gnu.version    : { *(.gnu.version) }
  .gnu.version_d  : { *(.gnu.version_d) }
  .gnu.version_r  : { *(.gnu.version_r) }
  .rela.dyn       :
    {
      *(.rela.init)
      *(.rela.text .rela.text.* .rela.gnu.linkonce.t.*)
      *(.rela.fini)
      *(.rela.rodata .rela.rodata.* .rela.gnu.linkonce.r.*)
      *(.rela.data .rela.data.* .rela.gnu.linkonce.d.*)
      *(.rela.tdata .rela.tdata.* .rela.gnu.linkonce.td.*)
      *(.rela.tbss .rela.tbss.* .rela.gnu.linkonce.tb.*)
      *(.rela.ctors)
      *(.rela.dtors)
      *(.rela.got)
      *(.rela.sharable_data .rela.sharable_data.* .rela.gnu.linkonce.shrd.*)
      *(.rela.sharable_bss .rela.sharable_bss.* .rela.gnu.linkonce.shrb.*)
      *(.rela.bss .rela.bss.* .rela.gnu.linkonce.b.*)
      *(.rela.ldata .rela.ldata.* .rela.gnu.linkonce.l.*)
      *(.rela.lbss .rela.lbss.* .rela.gnu.linkonce.lb.*)
      *(.rela.lrodata .rela.lrodata.* .rela.gnu.linkonce.lr.*)
      *(.rela.ifunc)
    }
  .rela.plt       :
    {
      *(.rela.plt)
      PROVIDE_HIDDEN (__rela_iplt_start = .);
      *(.rela.iplt)
      PROVIDE_HIDDEN (__rela_iplt_end = .);
    }
  .init           :
  {
    KEEP (*(SORT_NONE(.init)))
  }
  .plt            : { *(.plt) *(.iplt) }
  .text           :
  {
    *(.text.unlikely .text.*_unlikely)
    *(.text.exit .text.exit.*)
    *(.text.startup .text.startup.*)
    *(.text.hot .text.hot.*)
    *(.text .stub .text.* .gnu.linkonce.t.*)
    /* .gnu.warning sections are handled specially by elf32.em.  */
    *(.gnu.warning)
  }
  .fini           :
  {
    KEEP (*(SORT_NONE(.fini)))
  }
  PROVIDE (__etext = .);
  PROVIDE (_etext = .);
  PROVIDE (etext = .);
  .rodata         : { *(.rodata .rodata.* .gnu.linkonce.r.*) }
  .rodata1        : { *(.rodata1) }
  .eh_frame_hdr : { *(.eh_frame_hdr) }
  .eh_frame       : ONLY_IF_RO { KEEP (*(.eh_frame)) }
  .gcc_except_table   : ONLY_IF_RO { *(.gcc_except_table
  .gcc_except_table.*) }
  /* These sections are generated by the Sun/Oracle C++ compiler.  */
  .exception_ranges   : ONLY_IF_RO { *(.exception_ranges
  .exception_ranges*) }
  /* Adjust the address for the data segment.  We want to adjust up to
     the same address within the page on the next page up.  */
  . = ALIGN (CONSTANT (MAXPAGESIZE)) - ((CONSTANT (MAXPAGESIZE) - .) & (CONSTANT (MAXPAGESIZE) - 1)); . = DATA_SEGMENT_ALIGN (CONSTANT (MAXPAGESIZE), CONSTANT (COMMONPAGESIZE));
  /* Exception handling  */
  .eh_frame       : ONLY_IF_RW { KEEP (*(.eh_frame)) }
  .gcc_except_table   : ONLY_IF_RW { *(.gcc_except_table .gcc_except_table.*) }
  .exception_ranges   : ONLY_IF_RW { *(.exception_ranges .exception_ranges*) }
  /* Thread Local Storage sections  */
  .tdata          : { *(.tdata .tdata.* .gnu.linkonce.td.*) }
  .tbss           : { *(.tbss .tbss.* .gnu.linkonce.tb.*) *(.tcommon) }
  .preinit_array     :
  {
    PROVIDE_HIDDEN (__preinit_array_start = .);
    KEEP (*(.preinit_array))
    PROVIDE_HIDDEN (__preinit_array_end = .);
  }
  .init_array     :
  {
    PROVIDE_HIDDEN (__init_array_start = .);
    KEEP (*(SORT_BY_INIT_PRIORITY(.init_array.*) SORT_BY_INIT_PRIORITY(.ctors.*)))
    KEEP (*(.init_array EXCLUDE_FILE (*crtbegin.o *crtbegin?.o *crtend.o *crtend?.o ) .ctors))
    PROVIDE_HIDDEN (__init_array_end = .);
  }
  .fini_array     :
  {
    PROVIDE_HIDDEN (__fini_array_start = .);
    KEEP (*(SORT_BY_INIT_PRIORITY(.fini_array.*) SORT_BY_INIT_PRIORITY(.dtors.*)))
    KEEP (*(.fini_array EXCLUDE_FILE (*crtbegin.o *crtbegin?.o *crtend.o *crtend?.o ) .dtors))
    PROVIDE_HIDDEN (__fini_array_end = .);
  }
  .ctors          :
  {
    /* gcc uses crtbegin.o to find the start of
       the constructors, so we make sure it is
       first.  Because this is a wildcard, it
       doesn't matter if the user does not
       actually link against crtbegin.o; the
       linker won't look for a file to match a
       wildcard.  The wildcard also means that it
       doesn't matter which directory crtbegin.o
       is in.  */
    KEEP (*crtbegin.o(.ctors))
    KEEP (*crtbegin?.o(.ctors))
    /* We don't want to include the .ctor section from
       the crtend.o file until after the sorted ctors.
       The .ctor section from the crtend file contains the
       end of ctors marker and it must be last */
    KEEP (*(EXCLUDE_FILE (*crtend.o *crtend?.o ) .ctors))
    KEEP (*(SORT(.ctors.*)))
    KEEP (*(.ctors))
  }
  .dtors          :
  {
    KEEP (*crtbegin.o(.dtors))
    KEEP (*crtbegin?.o(.dtors))
    KEEP (*(EXCLUDE_FILE (*crtend.o *crtend?.o ) .dtors))
    KEEP (*(SORT(.dtors.*)))
    KEEP (*(.dtors))
  }
  .jcr            : { KEEP (*(.jcr)) }
  .data.rel.ro : { *(.data.rel.ro.local* .gnu.linkonce.d.rel.ro.local.*) *(.data.rel.ro .data.rel.ro.* .gnu.linkonce.d.rel.ro.*) }
  .dynamic        : { *(.dynamic) }
  .got            : { *(.got) *(.igot) }
  . = DATA_SEGMENT_RELRO_END (SIZEOF (.got.plt) >= 24 ? 24 : 0, .);
  .got.plt        : { *(.got.plt)  *(.igot.plt) }
  .data           :
  {
    *(.data .data.* .gnu.linkonce.d.*)
    SORT(CONSTRUCTORS)
  }
  .data1          : { *(.data1) }
  /* Sharable data sections.  */
  .sharable_data   : ALIGN(CONSTANT (MAXPAGESIZE))
  {
    PROVIDE_HIDDEN (__sharable_data_start = .);
    *(.sharable_data .sharable_data.* .gnu.linkonce.shrd.*)
    /* Align here to ensure that the sharable data section ends at the
       page boundary.  */
    . = ALIGN(. != 0 ? CONSTANT (MAXPAGESIZE) : 1);
    PROVIDE_HIDDEN (__sharable_data_end = .);
  }
  _edata = .; PROVIDE (edata = .);
  . = .;
  __bss_start = .;
  .bss            :
  {
   *(.dynbss)
   *(.bss .bss.* .gnu.linkonce.b.*)
   *(COMMON)
   /* Align here to ensure that the .bss section occupies space up to
      _end.  Align after .bss to ensure correct alignment even if the
      .bss section disappears because there are no input sections.
      FIXME: Why do we need it? When there is no .bss section, we don't
      pad the .data section.  */
   . = ALIGN(. != 0 ? 64 / 8 : 1);
  }
  /* Sharable bss sections  */
  .sharable_bss   : ALIGN(CONSTANT (MAXPAGESIZE))
  {
    PROVIDE_HIDDEN (__sharable_bss_start = .);
    *(.dynsharablebss)
    *(.sharable_bss .sharable_bss.* .gnu.linkonce.shrb.*)
    *(SHARABLE_COMMON)
    /* Align here to ensure that the sharable bss section ends at the
       page boundary.  */
    . = ALIGN(. != 0 ? CONSTANT (MAXPAGESIZE) : 1);
    PROVIDE_HIDDEN (__sharable_bss_end = .);
  }
  .lbss   :
  {
    *(.dynlbss)
    *(.lbss .lbss.* .gnu.linkonce.lb.*)
    *(LARGE_COMMON)
  }
  . = ALIGN(64 / 8);
  . = SEGMENT_START("ldata-segment", .);
  .lrodata   ALIGN(CONSTANT (MAXPAGESIZE)) + (. & (CONSTANT (MAXPAGESIZE) - 1)) :
  {
    *(.lrodata .lrodata.* .gnu.linkonce.lr.*)
  }
  .ldata   ALIGN(CONSTANT (MAXPAGESIZE)) + (. & (CONSTANT (MAXPAGESIZE) - 1)) :
  {
    *(.ldata .ldata.* .gnu.linkonce.l.*)
    . = ALIGN(. != 0 ? 64 / 8 : 1);
  }
  . = ALIGN(64 / 8);
  _end = .; PROVIDE (end = .);
  . = DATA_SEGMENT_END (.);
  /* Stabs debugging sections.  */
  .stab          0 : { *(.stab) }
  .stabstr       0 : { *(.stabstr) }
  .stab.excl     0 : { *(.stab.excl) }
  .stab.exclstr  0 : { *(.stab.exclstr) }
  .stab.index    0 : { *(.stab.index) }
  .stab.indexstr 0 : { *(.stab.indexstr) }
  .comment       0 : { *(.comment) }
  /* DWARF debug sections.
     Symbols in the DWARF debugging sections are relative to the beginning
     of the section so we begin them at 0.  */
  /* DWARF 1 */
  .debug          0 : { *(.debug) }
  .line           0 : { *(.line) }
  /* GNU DWARF 1 extensions */
  .debug_srcinfo  0 : { *(.debug_srcinfo) }
  .debug_sfnames  0 : { *(.debug_sfnames) }
  /* DWARF 1.1 and DWARF 2 */
  .debug_aranges  0 : { *(.debug_aranges) }
  .debug_pubnames 0 : { *(.debug_pubnames) }
  /* DWARF 2 */
  .debug_info     0 : { *(.debug_info .gnu.linkonce.wi.*) }
  .debug_abbrev   0 : { *(.debug_abbrev) }
  .debug_line     0 : { *(.debug_line) }
  .debug_frame    0 : { *(.debug_frame) }
  .debug_str      0 : { *(.debug_str) }
  .debug_loc      0 : { *(.debug_loc) }
  .debug_macinfo  0 : { *(.debug_macinfo) }
  /* SGI/MIPS DWARF 2 extensions */
  .debug_weaknames 0 : { *(.debug_weaknames) }
  .debug_funcnames 0 : { *(.debug_funcnames) }
  .debug_typenames 0 : { *(.debug_typenames) }
  .debug_varnames  0 : { *(.debug_varnames) }
  /* DWARF 3 */
  .debug_pubtypes 0 : { *(.debug_pubtypes) }
  .debug_ranges   0 : { *(.debug_ranges) }
  /* DWARF Extension.  */
  .debug_macro    0 : { *(.debug_macro) }
  .gnu.attributes 0 : { KEEP (*(.gnu.attributes)) }
  /DISCARD/ : { *(.note.GNU-stack) *(.gnu_debuglink) *(.gnu.lto_*) *(.gnu_object_only) }
}
 
 
==================================================
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/crt1.o を開くのに成功しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/crt1.o
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/crti.o を開くのに成功しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/crti.o
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/crtbegin.o を開くのに成功しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/crtbegin.o
/tmp/cc3kRI4P.o を開くのに成功しました
/tmp/cc3kRI4P.o
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libstdc++.so を開くのに成功しました
-lstdc++ (/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libstdc++.so)
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libm.so を開くのに失敗しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libm.a を開くのに失敗しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/libm.so を開くのに成功しました
-lm (/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/libm.so)
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libgcc_s.so を開くのに成功しました
-lgcc_s (/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libgcc_s.so)
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libgcc.so を開くのに失敗しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libgcc.a を開くのに成功しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libc.so を開くのに失敗しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libc.a を開くのに失敗しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/libc.so を開くのに成功しました
スクリプトファイル /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/libc.so が開かれました
スクリプトファイル /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/libc.so が開かれました
/lib64/libc.so.6 を開くのに成功しました
/lib64/libc.so.6
/usr/lib64/libc_nonshared.a を開くのに成功しました
(/usr/lib64/libc_nonshared.a)elf-init.oS
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2 を開くのに成功しました
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libgcc_s.so を開くのに成功しました
-lgcc_s (/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libgcc_s.so)
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libgcc.so を開くのに失敗しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libgcc.a を開くのに成功しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/crtend.o を開くのに成功しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/crtend.o
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/crtn.o を開くのに成功しました
/usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/../../../../lib64/crtn.o
ld-linux-x86-64.so.2 needed by /usr/lib/gcc/x86_64-redhat-linux/4.8.5/libstdc++.so
found ld-linux-x86-64.so.2 at /lib64/ld-linux-x86-64.so.2
Comments [0] | Trackbacks [0]

ExcelのCSVデータ取り込みで「このテキストファイルのデータは、1つのワークシートに入りきりません。」というエラーになる場合の対処

March 27,2017 12:03 AM
Category:[Excel]
Tag:[Excel, Office]
Permalink

ExcelのCSVデータ取り込みで「このテキストファイルのデータは、1つのワークシートに入りきりません。」というエラーになる場合の対処方法を紹介します。

「このテキストファイルのデータは、1つのワークシートに入りきりません。」

1.問題点

ExcelのCSVデータ取り込みで「このテキストファイルのデータは、1つのワークシートに入りきりません。」というエラーが発生しました。

データは下記に示す、5行程度の短いものです。

テスト1-1,テスト1-2,テスト1-3
テスト2-1,テスト2-2,テスト2-3
テスト3-1,テスト3-2,テスト3-3
テスト4-1,テスト4-2,テスト4-3
テスト5-1,テスト5-2,テスト5-3

CSVファイルの取り込み手順は下記のとおりです。

「データ」→「外部データの取り込み」→「テキストファイル」をクリックしてインポートしたいCSVファイルを選択。

テキストファイル

「テキストファイルウィザード - 1/3」画面にある、「元のファイル」から「65001 : Unicode (UTF-8)」を選択。

(クリックで拡大)
65001 : Unicode (UTF-8)

プレビューで正常に表示されていることを確認して「次へ」をクリック。

プレビュー

「カンマ」をチェックして「完了」をクリック。

開始セル(ここではA1)を指定して「OK」をクリック。

開始セル(ここではA1)を指定

ここでタイトルの「このテキストファイルのデータは、1つのワークシートに入りきりません。」というエラーに遭遇します。

(クリックで拡大)
「このテキストファイルのデータは、1つのワークシートに入りきりません。」

ちなみにこのダイアログを「OK」をクリックしてとじると、次のように最初の1行だけが取り込まれた状態になります。

最初の1行だけが取り込まれた状態

1つのワークシートに入りきらない量ではないので、対処方法が分かりません。

ということで、「このテキストファイルのデータは、1つのワークシートに入りきりません。」というエラーになる場合の対処方法を紹介します。

2.原因

このメッセージが表示される原因は、CSVファイルの改行コードがLFになっている場合に発生するようです。

エラーメッセージのあとに最初の1行しか取り込めていないのは、1行目の改行コード以降が正常に読み込めないためと思われます。

3.対処

テキストエディタでCSVファイルを開き、改行コードをCRLFに変換して保存します。

これで正常に取り込むことができます。

正常に取り込む

Comments [0] | Trackbacks [0]

ExcelでUTF-8のCSVデータを取り込む方法

March 24,2017 12:03 AM
Category:[Excel]
Tag:[Excel, Office]
Permalink

ExcelでUTF-8のCSVデータを取り込む方法を紹介します。

1.問題点

次のような文字コードがUTF-8のCSVファイルがあります。

テスト1-1,テスト1-2,テスト1-3
テスト2-1,テスト2-2,テスト2-3
テスト3-1,テスト3-2,テスト3-3
テスト4-1,テスト4-2,テスト4-3
テスト5-1,テスト5-2,テスト5-3

このファイルをダブルクリックしてExcelに取り込むと、文字化けします。

こういう場合、テキストエディタでCSVファイルを開き、文字コードをShift_JISに変換して一旦保存し直してから取り込むのですが、編集後もUTF-8のまま保存したいので、できればそのままの文字コードで開きたいです。

ということで、ExcelでUTF-8のCSVデータを取り込む方法を紹介します。

2.UTF-8のCSVデータを取り込む

UTF-8のCSVデータを取り込むには、「データ」→「外部データの取り込み」→「テキストファイル」をクリックしてインポートしたいCSVファイルを選択。

テキストファイル

「テキストファイルウィザード - 1/3」画面にある、「元のファイル」から「65001 : Unicode (UTF-8)」を選択。

(クリックで拡大、以下同様)
65001 : Unicode (UTF-8)

プレビューで正常に表示されていることを確認して「次へ」をクリック。

プレビュー

カンマ区切りなので「カンマ」をチェックして「完了」をクリック。

カンマ

開始セル(ここではA1)を指定して「OK」をクリック。

開始セル(ここではA1)を指定

これでCSVデータが正常に読み込まれます。

CSVデータ

3.BOMつきのUTF-8にする

BOMつきのUTF-8であれば、ダブルクリックでそのまま開けます。

BOMというのは、ファイルの先頭につけられたバイトオーダーマーク (byte order mark) のことで、UTF-8の場合「0xEF 0xBB 0xBF」という文字が付与されます。

ダブルクリックでExcelを開いたとき、ExcelはファイルのBOMをチェックして、「BOMがあればUTF-8」で開くという動作になっているようです。

UTF-8ファイルにBOMを付与するには、Windowsのメモ帳でCSVファイルで開き、そのまま保存すればOKです。

4.その他

UTF-8にはBOMあり・BOMなしの2種類がありますが、確認したところどちらのデータも正常に取り込めるようです。

ただし改行コードはCRLFになっている必要があります。

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages