killコマンドでメッセージを出力させない方法

June 21,2020 11:55 PM
Category:[Linux]
Tag:[Linux]
Permalink

killコマンドでメッセージを出力させない方法を紹介します。

1.問題点

次のサンプルスクリプト(foo.sh,bar.sh)を用意します。

foo.sh

#!/bin/bash
 
bar.sh &
pid=$!
 
kill $pid >/dev/null 2>&1
sleep 1

bar.sh

#!/bin/bash
 
while [ 1 ]
do
    sleep 1
done

foo.shを実行するとbar.shのkillコマンドでメッセージが表示されます。

実行結果

# ./foo.sh
./foo.sh: 7 行: 59318 Terminated              bar.sh

メッセージを表示させないようにしたいのですが方法が分かりません。

2.対処

foo.shにwaitコマンドを追加します。

foo.sh

#!/bin/bash
 
bar.sh &
pid=$!
 
kill $pid
wait $pid 2>/dev/null
sleep 1

実行結果

# ./foo.sh
Comments [0] | Trackbacks [0]

「psql: FATAL: Peer authentication failed for user "postgres"」が表示された場合の対処

June 3,2020 11:55 PM
Category:[PostgreSQL]
Tag:[PostgreSQL]
Permalink

「psql: FATAL: Peer authentication failed for user "postgres"」が表示された場合の対処について紹介します。

1.はじめに

LinuxでPostgreSQLを起動して"hoge"というデータベースを作成しました。

# su - postgres
-bash-4.2$ createdb --owner postgres hoge
-bash-4.2$ exit

次にpsqlで接続しようとしたところ、「psql: FATAL: Peer authentication failed for user "postgres"」をいうエラーに遭遇しました。

# psql -q -U postgres -d hoge
psql: FATAL:  Peer authentication failed for user "postgres"

ちなみにpostgresユーザーで接続すればOKになります。

# su - postgres
最終ログイン: 2020/05/21 (木) 10:39:57 JST日時 pts/4
-bash-4.2$ psql -q -U postgres -d hoge
hoge=#

Linuxユーザーから直接接続する方法がわかりません。

ということで、「psql: FATAL: Peer authentication failed for user "postgres"」が表示された場合の対処について紹介します。

2.原因

postgresのhba (host base authentication) 機能で、peer認証がオンになっているためです。

peer認証では、ローカルからのアクセスはLinuxのユーザーとパスワードがpostgresのものと同じでないとエラーになるようです

3.対処方法

ここではローカルアクセスのpeer認証をオフにする方法を示します。

peer認証を設定しているファイル「pg_hba.conf」を探します。

# find / -print |grep pg_hba.conf
./var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf

vimで開きます。

# vim /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf

「local」の行の一番右側が「peer」担っていると思います。

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD
 
# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     peer
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            ident
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 ident

これを「trust」に変更します。「trust」は接続を無条件で許可することを意味します。

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD
 
# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     trust
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            ident
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 ident

編集後、postgresqlを再起動。

# service postgresql restart
Redirecting to /bin/systemctl restart postgresql.service

これで下記のようにLinuxユーザーから直接接続できるようになります。

# psql -q -U postgres -d hoge
hoge=#

4.参考サイト

参考サイトは下記です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]

LinuxにPostgreSQLをインストールする方法

May 26,2020 11:55 PM
Category:[PostgreSQL]
Tag:[PostgreSQL]
Permalink

LinuxにPostgreSQLをインストールする方法を紹介します。

ここではyumではなく、rpmパッケージを使います。

ネットでいろいろ調べましたが、yumで一発でインストールする方法はないようです。

CentOSのサイトの、

https://buildlogs.centos.org/c7.1708.u.i386/postgresql/20171208163247/9.2.23-3.el7_4.x86_64/

にある、下記の3つのパッケージをダウンロードして、Linuxサーバにアップロードします。

postgresql-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm
postgresql-libs-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm
postgresql-server-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm

今回ダウンロードしたバージョンは9.2.23ですが、お使いのLinuxに合うバージョンを選んでください。

次にrpmコマンドでインストールします。

# rpm -ivh postgresql-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm postgresql-libs-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm postgresql-server-9.2.23-3.el7_4.x86_64.rpm
準備しています...              ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
   1:postgresql-libs-9.2.23-3.el7_4   ################################# [ 33%]
   2:postgresql-9.2.23-3.el7_4        ################################# [ 67%]
   3:postgresql-server-9.2.23-3.el7_4 ################################# [100%]

これでインストールされました。

余談ですが、いきなりpsqlコマンドで接続すると下記のエラーに遭遇します。

# psql
psql: サーバに接続できませんでした: そのようなファイルやディレクトリはありません
ローカルにサーバが稼動していますか?
Unixドメインソケット"/var/run/postgresql/.s.PGSQL.5432"で通信を受け付けていますか?

initdbコマンドで初期化します。

# service postgresql initdb
Hint: the preferred way to do this is now "postgresql-setup initdb"
Initializing database ... OK

サービスをスタートします。

# service postgresql start
Redirecting to /bin/systemctl start postgresql.service

サービスをスタートできたか、確認します。

# service postgresql status
Redirecting to /bin/systemctl status postgresql.service
● postgresql.service - PostgreSQL database server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/postgresql.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 木 2020-05-21 10:32:31 JST; 7s ago
  Process: 26454 ExecStart=/usr/bin/pg_ctl start -D ${PGDATA} -s -o -p ${PGPORT} -w -t 300 (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 26448 ExecStartPre=/usr/bin/postgresql-check-db-dir ${PGDATA} (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 26457 (postgres)
   CGroup: /system.slice/postgresql.service
           tq26457 /usr/bin/postgres -D /var/lib/pgsql/data -p 5432
           tq26458 postgres: logger process
           tq26460 postgres: checkpointer process
           tq26461 postgres: writer process
           tq26462 postgres: wal writer process
           tq26463 postgres: autovacuum launcher process
           mq26464 postgres: stats collector process
  
 5月 21 10:32:30 test systemd[1]: Starting PostgreSQL database server...
 5月 21 10:32:31 test systemd[1]: Started PostgreSQL database server.
Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages