vi/vimで複数行を一括削除する方法

August 3,2022 11:55 PM
Category:[Linux]
Tag:[linux]
Permalink

vi/vimで複数行を一括削除する方法を紹介します。

1.問題点

vi/vimで複数行を削除する場合、"dd"または、削除したい行数の数字を入力した後、"dd"を入力していますが、指定した範囲をまとめて削除する方法がわかりません。

ということで、vi/vimで複数行を一括削除する方法を紹介します。

2.複数行を一括削除する

複数行を一括削除するには、まず削除開始行で、

ms

を入力します(コマンドモードに切り替える必要はありません)。

次に終了行で、

me

を入力し、そのあと、

:'s,'ed

を入力すれば、msからmeまでの行が削除されます。

3.解説

"m"はカーソルの位置を2文字目に記録するという機能があります。

"ms"と"me"は"s"と"e"にそれぞれカーソルの位置を記録します。

"s"と"e"はstartとendの意味なので、別の文字でも構いません。

話がそれますが、行番号で複数行削除するコマンドは、コマンドモードで、

:開始行,終了行d

となります。

たとえば、

:3,7d

と入力すれば、3行目から7行目までを削除します。

話を戻して、

:'s,'ed

は、":"でコマンドモードに切り替えて、"s"から"e"までを削除(d)するという意味になります。

開始を"mb"、終了を"mo"に変えた場合は、

:'b,'od

になります。

Comments [0] | Trackbacks [0]

Movable TypeでRainerテーマのtitle要素にページ番号を表示する方法

July 26,2022 11:55 PM
Category:[テーマ]
Tag:[MovableType]
Permalink

Movable TypeでRainerテーマのtitle要素にページ番号を表示する方法を紹介します。

1.やりたいこと

Rainerテーマのメインページは10件ずつ記事タイトルが表示され、10記事以上ある場合は、ページ下に「過去の記事」というリンクが表示されます。

過去の記事

このリンクをクリックすると次の記事タイトル10件が表示されます。

この2ページ目以降のtitle要素を「サイト名 - xページ」という風に、ページ番号を表示したいのですが、方法が分かりません。

ということで、Movable TypeでRainerテーマのtitle要素にページ番号を表示する方法を紹介します。

2.title要素にページ番号を表示する

title要素にページ番号を表示するには、メインページテンプレートのtitle要素に赤字部分を追加します(実際に使う場合は空白と改行を除去してください)。

<title><$mt:BlogName encode_html="1"$>
<mt:If name="search_results">
  <mt:SearchResultsHeader>
    <mt:PagerBlock>
      <mt:IfCurrentPage> - <$mt:Var name="__value__"$>ページ</mt:IfCurrentPage>
    </mt:PagerBlock>
  </mt:SearchResultsHeader>
</mt:If></title>

これで2ページ目以降のtitle要素にページ番号が表示されます。

ページ番号

Comments [0] | Trackbacks [0]

Execlでファイルを共有する方法

July 1,2022 11:55 PM
Category:[Excel]
Tag:[Excel]
Permalink

Execlでファイルを共有する方法を紹介します。

1.問題点

Execlの新しいバージョンでは「共有」メニューで既存機能の「ファイルの共有」が行えなくなりました(One Drive上での共有に変更)。

(クリックで拡大、以下同様)

ということで、Execlで既存機能のファイル共有をする方法を紹介します。

2.Execlで既存機能のファイル共有をする

まず前準備として、クイックアクセスツールバーに 既存機能の「共有ブック」ボタンを追加します。

「ファイル」→「オプション」をクリック。「オプション」が表示されていない場合は「その他」→「オプション」をクリック。

「クイック アクセス ツール バー」をクリック。

「コマンドの選択」で一覧を開き、「すべてのコマンド」 を選択。

「ブックの共有 (レガシー)」を選択し、「追加」 をクリック。

「変更履歴の記録 (レガシー)」を選択し、「追加」 をクリック。

「共有の保護 (レガシー)」を選択し、「追加」 をクリック。

「ブックの比較と反映」を選択し、「追加」 をクリック。

「OK」 をクリック。

これでExcelのウィンドウの上部に4つの新しいボタンが表示されます(赤枠は「ブックの共有」ボタンで、その右隣に残りのボタン)。

「ブックの共有」ボタンをクリックすれば既存機能の共有画面が表示されるので、チェックボックスをチェックして「OK」をクリックすればファイルが共有されます。

共有の解除は、チェックボックスを外すか、「校閲」→「ブックの共有を解除」をクリックします。

3.参考サイト

共有ブックの変更点

Comments [0] | Trackbacks [0]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages